こんにちは、ざっきーです。

 

最近、WEB広告運用をしていると

「AI化ってドンドン進んでいるなぁ」って感心することがあります。

 

例えば僕が今やっている広告運用ですと、

キーワード単位の入札を今までは手動でやっていたんですが、

AIが介入することで、自分の顧客となり得るユーザーと

そうでないユーザーを分別して、自動で入札をしてくれるんです。

 

ほんの少し前までは自動入札はあまり使えなかったんですが、

最近になって「CPAも下がるし良いことづくめだな...」と感心してます。

 

さて今回のテーマはそんな

AI化が進んでいくと日本はどうなってしまうのか!?

というテーマについて話していこうと思います。

 

ちなみに僕はAI化をドンドンしていくべきだと考えてます。

僕はAI化をして、人間今やっている仕事をドンドン効率化していくことに大いに賛成しています。

 

その理由はAI化をして失われる職種っていうのが激減しますが、

その分他の業種とかにリソースを割り当てられるからです。

僕の周りの会社経営者の方は「人材不足」で困り果てている人が多いです。

 

ここ近年では黒字倒産をする企業もいるほどで、

その会社はなぜ黒字なのに倒産してしまうのかというと、

仕事はあるのに働き手がいない状態だからですね。

 

そういった時代背景があるからこそ、

AI化をドンドン日本企業は率先して取り入れていき

人間の仕事を効率化していかないといけないからです。

 

 

じゃあ俺らの仕事なくなっちまうのかよ!?

 

 

という疑問が出てくると思います。

結論から言うと「なくなる仕事もあれば新しい職種が増える」と考えてください。

 

例えば、銀行や区役所の窓口業務ですとか、システム運用の担当者、

コールセンター、スポーツ審判員だってなくなる可能性は大いにありますよね。

 

しかし、

AI化が進むにつれてその仕事が仮になくなったとしても、

AIを世話する職業が生まれてくるわけです。

 

AIもある程度の学習データがないと機能しませんし、

パラメーターのチューニングなども人の手で行わないといけません。

 

そういった意味では新しい職業ができるのでワクワクすると思いませんか?

※最低限、人工知能の知識とプログラミング言語のPythonが使いこなせないと難しいですが...

 

でも私にはそんなAIを扱えるスキルもないし...

 

といった方も心配ありません。

まだAI化が進んでいない企業は人材不足で困り果ててますので、

働けなくなると言うことは、当分ないと思います。

AIが人間を支配するのでは?と言う疑問に対して。

よく話題になることなので軽く触れておこうと思います。

 

AIが人間を支配するかもしれない...と言う疑問は、

AIの素晴らしさを知っている人は思いつくはずです。

 

僕の考えでは「どちらとも言えない」のが現状の結論です。

 

世界には「人工知能学会 倫理委員会」と言うのが設立されており、

その中に記載された倫理指針の第5条にはこう書かれています。

(安全性)人工知能学会会員は専門家として、人工知能の安全性及びその制御における責任を認識し、人工知能の開発と利用において常に安全性と制御可能性、必要とさ れる機密性について留意し、同時に人工知能を利用する者に対し適切な情報提供と注 意喚起を行うように努める。

 

簡単に言うと「人工知能を作るときはちゃんと制御できるように作れよ」と言うことですね。

 

彼らは決してマッドサイエンティストではなく、

社会のために貢献できるような人工知能を世の中に生み出していきたいと言う

思想の元に結成された委員会です。

 

しかし、世界には上記のような良い科学者もいれば、

悪い科学者(マッドサイエンティスト)もいるわけです。

 

そういった人たちの可能性は全く0とは言い切れないので、

僕は「どちらとも言えない」と考えてます。

 

 

人類がAIに支配される世の中になるには、

AIが自分より優れたAIを生み出し、

他のAIをチューニングしたり人の感情を理解した瞬間に

人類はあっという間に支配されてしまいますよねw

 

GoogleはすでにAIが子AIを作成して、人間よりも優れたAIを作ったとされています。

 

倫理委員会もGoogle自身が持つようになりましたから、

そういった技術的にはすでにかなりの水準まで来ていると思っています。

仮にAIに置き換わってしまったとしても、稼ぎ続けられるスキルを身につけることが重要

僕はこれが一番重要かなと考えています。

 

AI化が進んでいき人間の仕事は淘汰されていきます。

 

しかしそれ自体を悲観的に捉える心配はまったくなくて、

「仕事がなくなってしまっても稼ぎ続けられる能力」

を身につければ良いだけの話です。

 

資格試験の勉強だったり、英会話のレッスンを受けたり

それが果たして飯の種になるかと言われると疑問です。

なぜなら、その仕事すらも無くなってしまうかもしれないからです。

 

超勉強して弁護士免許を取ったぜ!!と言っても、

結局はAIの方が適切に議論をしてくれたり判決を言い渡してくれる世界が

やがてくるかもしれません。

 

 

そうなった時に

「私これまでいったい何のために勉強して来たんだろう...」と落ち込んでしまいます。

 

僕がその立場だったら超ショックですよw

 

じゃあそうならないためにどうしたら良いか???

それは「仕事がなくなってしまっても稼ぎ続けられる能力」を身につけること。

 

 

特に今の時代は、個人の能力次第ではいくらでも稼ぐことは可能です。

 

僕は今そう言った能力を手に入れることによって、

月収100万円を切ることはなくなりました。

 

しかも働いている時間は1日1時間〜2時間程度で、

仕事をせずプライベートの時間を楽しんでいることもあります。

 

1日中ユーチューブやHuluで動画を見ながらゴロゴロ過ごしている間も、

彼女とディズニーランドに遊びに行っている間にも、

自動的に売上がボンボン上がるような仕組みをつくるスキルを手に入れました。

 

でも僕は元々ただなんの取り柄もないサラリーマンでしたし、

会社では上司や顧客に怒られながら、自分の心を殺して生活をしていました。。

 

ビジネススキルも当然ありませんし、人脈も会社の同僚ぐらいしかいませんでした。

 

その時の詳しいエピソードについてはこちらの記事でご紹介しているので、

興味がある人は是非読んでいただければなと。

また、僕の無料メルマガでは、

月100万円以上を自動で稼げるようになるまでのストーリーを全て書いています。

もし興味がある方は以下のリンクから登録して下さい。

↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちら


それでは!!

おすすめの記事