こんにちは、ざっきーです。

今回は『脱サラするのに必要な貯金額はいくらか?』について話していこうと思います。

僕が脱サラした時の貯金額は?

現在、僕は脱サラを28歳のときにしてから、それ以降はある程度自由な生活を送っています。

 

1日中、huluやAmazonプライムでドラマや映画を飽きるまで見ていたり、旅行に行きたいと思ったらその次の日には新幹線に乗っていたり、一般的に考えるとかなりグータラな生活をして過ごしていますw

それでも、僕が実際に仕事をしている時間は1日のうち2時間〜3時間ほど。仕事を全くしない日もあったりもします。

 

しかし、そんな誰もが羨む悠々自適なライフスタイルを手に入れた僕でも、少し前まではどこにでもいる普通のサラリーマンでした。

朝6時に起きて、東京の満員電車に揺られて出社。

とびっきり優秀とかではなかったので、しょぼ〜いミスを繰り返しては、上司や顧客にボロクソに怒られるストレスだらけの毎日をただただ過ごしていました。

 

しかし、こんな僕でも、ある時「インターネットビジネス」に出会ってから、人生が180℃変えることができました。

今では僕がパソコンに1秒も触れていない状態でも勝手にお金が入ってくるようになりましたし、そのへんのエリートサラリーマンよりも収入はある状態になりました。

 

前置きが長くなってしまいましたが...

そんな僕が脱サラをした時の貯金額は、
たったの150万円しかありませんでした。

 

え!?たったの150万円で??!

って思う方もいるかもしれませんが、僕はこれぐらいの貯金額があれば余裕で脱サラして生きていけると確信しています。

脱サラに必要な貯金額の一般例

まず僕が貯金額150万円で余裕で脱サラしても生きていけると行った理由を話す前に、一般的に脱サラをする時の例を考えてみました。

 

まず脱サラをしたいと考えている青木さん(仮名)がいたとします。

青木さん
よろしくお願いします!!

ざっきー
よろしくお願いします!!
まず青木さんの職歴と家族構成を教えてもらってもいいですか?

青木さん
私は30歳です。今は都内で会社員として働いています。新卒で入社したので今年で8年目になってきて、会社でも責任ある立場の仕事を任されるようになりました。
今は独身なのですが、付き合ってる彼女との結婚も考えているところです!

ざっきー
ありがとうございます!
8年目というともう中堅ぐらいになってきてるので、給料もそこそこもらってる感じですね?貯金とかってどれぐらいあるんですか?

青木さん
それがあまりなくて…
去年の年収は500万円ほどで、今の貯金は200万円ほどしかないんです。彼女との結婚資金も貯めなくちゃいけないのですが、脱サラもして自分ひとりでやっていきたくて…。

ざっきー
なるほど。30歳にしては少し物足りない感じですね。
では、青木さんが脱サラをするために必要な貯金額についてちょっと考えてみましょうか!!
ここまでの内容をまとめてみると・・・。
青木さんのステータス
  • 30歳 会社員 独身。
  • 年収は500万円(ボーナス込みの月収は約41万円)
  • 貯金は200万円。
  • ぼんやりと脱サラをしたいと考えている。

これが青木さんのステータスになります。

青木さんが1ヶ月当たりにかかる生活費と娯楽費について算出してみると、東京都内の一人暮らしの家賃相場が約9.0万円ほど。それに光熱費と通信費を含めて、1.5万円がかかるとすると、固定費では10.5万円になります。

ここに娯楽費+食費がはいるので、だいたい月7万円をここに当てたとします。

 

10.5万円+7.0万円=17.5万円(1月にかかる金額)

 

つまり、青木さんは一月に生活するお金は17.5万円が必要であることがわかります。娯楽費や食費は変動費ですが、サラリーマンであれば職場の飲み会や趣味でこれぐらいはかかると考えます。

 

ここから、青木さんが脱サラをして自分で事業を立ち上げたとします。事業が軌道に乗るには約半年〜1年は見ておかないといけないので、それまで青木さんの収入は0円だと考えます。

そうすると最大1年間何も収入がなくても生きていけるぐらいの資金が必要になってきます。

 

17.5万円 × 12ヶ月=210万円

 

つまり、210万円は脱サラをして1年間生きていくために最低限欲しい貯金額ということがわかりました。

これは青木さんが独身だった場合のケースですが、彼女との結婚を考えているので、もし仮に途中で結婚をした場合、生活費を×1.5にしてみましょう。

10.5万円+7.0万円×1.5万円=21万円(1月にかかる金額)

 

さらに1年間の収入が0円だった場合。

21万円×12ヶ月=252万円

 

つまり青木さんが脱サラをして1年間収入0円だった場合、最低限生きていくの必要な貯金額は210万円〜252万円が必要ということがわかりました。

ざっきー
青木さんが脱サラをして1年間生きていくのには貯金は210万円〜252万円は必要になります!
今の貯金額+αをどうにか作れれば、脱サラに必要な貯金額は十分あるということですね。しかし、脱サラをするのがゴールではないということは覚えておいて下さいね。

青木さん
ありがとうございました!
確かに、脱サラを目的にしても仕方がありませんね。そこから先、どうやって生きていくか?を真剣に考えなくてはいけないんですね....

ざっきー
その通りです!
脱サラをしてから、青木さんは何をして生計を立てていくか?というところを真剣に考えてみて下さい。飲食店や配送業、エンジニアであればフリーランスと、世の中には案外様々な業種があって、フリーで活躍されている方が大勢いらっしゃいます。今からでもいいので、しっかりと勉強していいスタート切れるように行動してみて下さい!

脱サラに貯金額はあまり関係ない?必要なのは勉強と行動

ここでは青木さんに登場してもらいました。
30歳の独身男性であれば、約210万円〜252万円の貯金額があれば生きていけるということがわかりました。

冒頭でも説明しましたが、僕が脱サラをした時の貯金額はたったの150万円でした。

 

しかも青木さんと違い、僕の場合は借金まみれだったので、月の固定費は20万円ほど。地方であれば余裕でタワマンに住めるレベルのお金が毎月吹っ飛んでいく状態でした。

 

でもそんな状態でも、脱サラすることはできたかというと、サラリーマン時代にしっかりと稼ぎ続けられるための基盤を勉強して築き上げたからです。

正直、この基盤がない状態だったら僕はまだサラリーマンをしていたと思いますw

 

今ではパソコンに触れてない状態でも、自動的に収入がある状態になり、月の収入が80万円を下回ることはありません。

それも、サラリーマン時代にしっかりとビジネスについて勉強をして「稼ぐ知識」を習得したからです。それがなかったら僕はまだ、上司や顧客に怒鳴られながらのストレスまみれの生活を泣く泣く送っていたと思います。

僕のメルマガでは、ビジネス初心者がどうやったら0から稼いでいけるのか?という本質的なところを惜しみなく公開しているので、興味がある方は是非読んで頂ければなと。

↓ ↓ ↓ ↓

脱サラに必要な貯金額についてのまとめ

脱サラに必要な貯金額について説明してきました。

  • 30代男性であれば脱サラに必要な貯金は210万円〜252万円ほど。
  • 変動費(食費+娯楽)を下げれば下げるだけ、必要貯金額は下がる。
  • 貯金よりも、ビジネスについて学ぶことが何よりも大切。
  • 借金があっても、稼げる知識さえ身についていれば精神的に超ラク。

 

ぜひとも、脱サラを目指しているサラリーマンの方で「いくらぐらい貯金必要なのか」を気にしているのであれば、貯金額よりも、ビジネスの知識や経験をサラリーマンのうちに勉強しておくことを必ずして下さいね。

おすすめの記事