他人と比較 比べる

突然ですが、隣の芝生は青いって言葉、ご存知ですか?

自分のものより他人のもののほうがよく見えてしまうこと。

僕自身、他人と比べてしまうことで劣等感を抱くことが、とても損なことだと思っています。

  • 他人と比べられて辛い時に考えて欲しいこと
  • 比べられても「スルー」するための心構え
  • できないことが悪いことじゃない、しないことが悪い

今回のテーマは「他人と比べられるのが辛い」と感じている人に対して、僕の考えを知ってもらえればなと思います。

「他人と比べられるのが辛い」昔こんな経験ありませんか?

小学生や中学生の頃。

定期テストの点数や、学校での活動について親族からこんなこと言われた経験ありませんか?

  • ◯◯ちゃんは学校で生徒会に入ってたりするのに、なんであんたはそんななの?
  • ◯◯くんは△△大学(=有名大学)に進むみたいだからあんたもがんばりなさい。

僕は正直なところ放任主義な環境で育てられたので、実際にこういったことを言われた経験はありませんでした。
※本当に悩んでいる人すいません....

しかし最近、無意識に他人と比べてしまうことが足枷になって、なかなか思うように自分の人生を歩むことができない人の相談に乗ったのをきっかけにこの記事を書いてみました。

僕がアドバイスしたことによって少し顔色が明るくなったので、もっと多くの人に知ってもらおうと思いました。
※少し言葉が厳しくなりますので、ここでページを閉じてもらって構いません。

やらない「悪」より行動した「善」に目を向ける

仮にその方の名前をAさんとします。

Aさんと僕で2人で話し合っているときに分かったことは、Aさんは、無意識の内に他人と比べてしまう性格だということがわかりました。

その時のエピソードを話しますね。

私って昔っから何してもダメな性格で、今でも会社で同じ仕事してる後輩に先こされまくってるんですよね......

 

話を聞くと、Aさんが毎日コツコツ頑張って6ヶ月で習得したスキルを、後輩はそのスキルを2ヶ月で身につけてしまったようです。しかも後輩はドンドン先に進んでいって仕事もAさんよりも多くこなしているようです。

そしてAさんの上司から「お前より後に入社した○○(後輩)は、もう商談3本も決めてきてるぞ」とプレッシャーが半端じゃないらしいです。

「え、、?何で私よりあの子のほうができるの???」

「私よりも才能があっていいなぁ・・・」

どうせ私なんかいくら頑張っても才能がある人には勝てないんだ

といった具合にめちゃくちゃ劣等感に苛まれてしまいます。

一度経験すると、仕事や行動に対してのモチベーションも上がらなくなります。自分はダメな人間なんだと自己否定に陥ってしまい、行動自体を辞めてしまいます。

まさに負のスパイラルです。

人一倍頑張ってきた経験が大切

でも僕が思うに、Aさんは人一倍頑張ってスキルを身に着けたからこそ・・・。

その頑張ってきたことが経験となり財産になると思います。

Aさんと後輩の差は、スキル習得をするまでにかかった4ヶ月という経験です。

事実、Aさんは物事を覚える要領が悪いし、それを「どうやって活用したら良いか」を模索している時間が人一倍長いかもしれません。思い切りの良さもありません。

  • どうして私だけこんなに物覚えが悪いんだろう・・・。
  • あの子はなんですぐ覚えれるのに・・・。

しかし、習得する期間がながくて遠回りして失敗した経験があるからこそ、その経験が財産になるわけです。

石橋を叩きすぎて「行動できない罪」

知識はいつでも身につけることができますが、経験だけは実践の中でしか学ぶことしかできません。

やらなかった悪よりも、行動した善に目を向けてあげることで気持ちが楽になります。

そして負のスパイラルから脱出できる一つのきっかけになります。

負のスパイラルにハマって行動しないのは勿体ない。

こうやって他人と比較して嘆いている間にもライバルはドンドン先に進みます。足踏みをしている間にも、英単語を一つ覚えたり、本を1ページ読んだりしましょう。

少し厳しいことを言いますが、悲観的なことばかり考えていて、結局は何もやらなかった・手をつけなかった方が僕は罪が重いと思ってます。

そうした結果、自分が本当にやりたかったことや、自分が成し遂げたい目標っていうのは、一生クリアできません。

  • あの時やっとけばよかったのに・・・。
  • なんでやらなかったんだろう、本当に自分は馬鹿なんだな・・・。

後悔の連続です。

他人と比較すること=行動の制限

つまりこれです。

結局、他人と自分を比較ばかり続けていると、「どうせ自分なんかマインド」に磨きがかかってきます。

もう誰もがビックリするぐらいのピッカピカですよ。

そもそも、そんなのあなた以外の誰も必要としてないですし、他人にとってどうでもいいことですw

自分に足かせをつけて行動を制限しているのは、あなた自身であることを理解してください。他人は案外あなたのことなんて、1ミリも気にしていないです。

そんな事考えてる暇があるんだったら、さっき言ったように、本を1ページでも読むとか、検定試験の勉強をするとか、ブログを1記事でもいいから書いたりしましょう。

小さい頃、泥団子をつくったことはありますか?

僕は小学生の頃に友達の家のマンションの公園でよく泥団子を作っていました。

あの時何であんなに夢中になったのか今に思えば謎ですがw

泥団子って、手が泥まみれになりながら作るからできる泥団子も超汚いです。

でも泥団子ってそれだけじゃなくて、泥団子を作ってから磨くことによって宝石のようにピカピカになるんです。

泥団子も人の能力と一緒で、最初から綺麗なものなんて作れなくてドンドン自分でピカピカに磨き上げていくんです。

そうすることによって、ピカピカの泥団子は世間一般から見たら「おぉ!!何だあの泥団子!!スゲーwww」って他人から評価されるようになります。

泥団子磨いている時って、誰かと比較したり、他人よりスゲエ泥団子作ろうなんて、これっぽっちも思ってないと思うんです。ただただ、泥団子を「どうやったら綺麗になるのか?」と言われなくても磨いているはずです。

人間の能力もそれと一緒であるべきで、自分が心から好きだと思うことに没入して行動していれば、そもそも他人と比較なんてことはしないはずです。

最初から完璧である必要はない(=まとめ)

この記事のポイントをまとめますね。

  • やらない「悪」ではなく行動した「善」に目を向ける。
  • 初めから完璧である必要はない。
  • 泥団子を作る気持ちでドンドン試行錯誤する。

他人と比べられるとやっぱり辛いものは辛いです。

何をやっても上手くいかないし、他人が同じことをやって成功しているのを見るのも辛いですよ。僕にもそういった感情があります。特に27歳まで会社員で働いていた時はこの気持ちが強かったです。

でも、この記事でまとめた心構えを気をつけることで、前向きになれました。人よりも物覚えが悪くよく人の名前を間違えてしまい失礼な気分にさせることが多いですが、自分は自分って決めて普段の生活を過ごしています。

Amazon電子書籍が今なら無料で読めます

ここまでご覧頂きありがとうございます。

実はつい先日、自身初となる電子書籍を書きました。

書籍の内容は僕が「ギャンブル中毒→会社員→独立→起業」までに至った成功体験と、
どのようにビジネスに普段から取り組んでいるかといったテーマでまとめました。

ビジネス未経験者から、ビジネス経験者まで幅広い層でよまれてます。

電子書籍はAmazonで¥1000で販売しているのですが、
期間限定でLINEマガジン内で無料で公開しています。

初学者でもわかりやすい、具体的な内容となってます。
もし興味があれば読んでみてください。

→電子書籍「スタンドアローン〜個で稼ぐ力〜」を読んで見る。

公式LINEに登録すれば、すぐに読むことができます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事