こんにちは、ざっきーです。

 

パチスロって演出見れたり、ドル箱にメダルをカチ盛りにしている時ってスゴイ楽しいですよね。僕もパチスロでたった1000円が、13万円になったときはアドレナリンが出まくりました。

しかしそれ以来、パチスロがどうしても辞められなくなったりすることはありませんか?

  • 財布の中にお金があるとフラっと行ってしまう。
  • 5000円だけと言いながら気づいたら5万円も負けてた。
  • 負けてるけど勝ったフリをしている。
  • パチスロをやめたいけど辞められない。

このように、気づいたらパチスロ依存症になってるケースは多々あります。

そこで元パチスロ依存症だった僕が、パチスロ依存症をどうやって克服できたのかについて今回は話していこうと思います。

パチスロ依存症だった頃の体験談

僕がパチスロを初めてやったのは18歳の頃でした。

仲の良かった年上の女性とmixiで出会い、その方がきっかけでゲーセンにおいてるアミューズメント仕様のパチスロに手を出したことから始まりました。もちろん全台「設定6」であるので当然、勝てるわけです。

当時は高校生でありながらも、実家ぐらし+バイトをしていたので、高校生ながらも口座の中には10万円ほどの資金がありました。僕の趣味がゲーセンで音ゲーをするぐらいでしたので、お金はあまり使ってなかったからです。

 

しかし、ゲーセンでパチスロをやることに目覚めた僕は「これホールで打ったら勝てるんじゃない?」と思い始めたのです。

 

そこから僕は、ATMで2万円を引き下ろして近所のパチ屋Gに行きました。エヴァ約束の新台導入日に、運良く抽選で座ることができて、5万円も勝つことができました(超懐かしいw)。

 

しかも、たった4000円を入れただけで5万円という大金を手にすることができた。

 

うおおおーーーーすげーーーー!!

マジで稼げるじゃんこれ!!

 

それからというもの、学校の授業をサボってはパチ屋に行くというライフスタイルになり、大学生、社会人になっても気づいたらパチ屋にいるような生活になってしまいました。

大学生の頃は、イベント告知で設定が入る日が予めわかっていたのもあって、前日の下見みを徹底的にやっていたので、収支は+100万円以上にはなった。

しかし社会人になってからは、日々の仕事で忙殺され、下見みにいく余裕さえもなくなった。規制も厳しくなりイベント告知をされる日がわからなくなり、パチ屋にはただ趣味打ちで行く程度になりました。

 

会社の休みの日や、仕事帰りに空いている時間があったらとにかくパチ屋にいた。

「5000円だけ打ってダメだったら帰ろう...」と思って打ち始めると、気がついたら5万負けしていることはしょっちゅうありました。

設定なんて入ってるかどうかもわからないような店で、1日で12万も負けた時は、本当に死のうかと思いました。しかも、給料日直後で、口座の残高は家賃や光熱費などを引かれて、手元に残った金額はたったの1万円・・・。

 

辛い... 明日からどうやって生きていこう...

 

その頃の辛いストーリーはこちらの記事にまとめてあるので、興味ある人はみて下さい。

 

結果的に僕は、総額300万円の借金をするぐらいパチスロ依存症でした。お金がないのにも関わらず他人からお金を借りてパチスロを打つことを平気な顔でしていました。

  • 毎月の返済利息に苦しめられる生活。
  • でもパチスロは辞めることはできないで、ついついパチ屋に足を運んでしまう。

そんなライフスタイルを、ついこの間までしていました。

それっ本当に依存症?これに当てはまったら赤信号!

いかがでしたか?

今思い出しても、僕は本当のパチスロ依存症だったなと。タイムマシーンがあったらパチスロやってる首根っこ掴んで引きずり回してやりたい気持ちでいっぱいです。

もしもあなたが、僕と同じ経験をしていたり、同じような考え方をしているのは、パチスロ依存症であることを疑ったほうがいいです。

パチスロ依存症であると自覚していなくて、なんとな〜くパチスロ依存症を克服したいと考えているのであれば、まずは簡単なテストをします。

以下の7項目に当てはまったらパチスロ依存症の可能性は激高です。

 

  • パチスロをやるために、仕事や交友関係を後回しにする。
  • パチスロをして家族仲や恋人関係がうまくいかない。
  • パチスロをしていることを周囲の人に話せない。
  • パチスロで負けると「なんてダメなやつだ」と自分を責める。
  • パチスロで借金返済できると思ってる。
  • パチスロのせいで向上心が失われてる気がする。
  • 負けると「次はどうしたらいい?」と辞める選択肢がない。
  • 勝ったお金でまたパチスロをやって増やそうとする。
  • 漫画コーナーに行くだけなのについ打ってしまう。
  • もう1000円といって有り金全てを突っ込む。
  • パチスロやるために借金をしたことがある。
  • パチスロのために生活費や固定費を安くしようと努力する。
  • パチスロをするために身の回りの物を売ったことがある。
  • 家庭や友人、恋人よりもパチスロが大好きだ。
  • 午前中だけ打とうとしたら気づいたら夕方までパチスロをしたことがある。
  • ストレス解消のためにパチスロをしている。
  • 消費者金融から借金をしてもパチスロをしていいと考えている。
  • 落ち込んだり悩み事はパチスロが解決してくれると思う。
  • パチスロのことを考えると夜も眠れない。
  • 運がいいことがあったら、「パチスロ打っておけばよかった」と置き換え思考をする。
  • パチスロに負けて死にたい気持ちになったことがある。

パチスロ依存症を克服したいあなたへ

先程のチェックでYESが7個以上あったら、あなたは立派なパチスロ依存症です

借金をしてでも打ったことがある、パチスロのためなら家庭や交友関係にヒビがはいっても、しょうが無いと考えているのであれば、それはもう人間として超レッドゾーンです。

 

僕自身も、パチスロのために借金をしたことがあるし、パチスロのせいで学生時代はまともに友人を作ったことがなかったので、本当にクズ人間だったなと、今でも思います。

 

そんなパチスロばかりしてて、どーーしようもなかった僕が、パチスロから綺麗さっぱり足を洗えたキッカケは、インターネットビジネスを始めたからです。

インターネットビジネスを始め、月2000円、1万円、3万円、7万円といった流れでドンドン収入が右肩上がりになっていきました。その結果、月100万円以上ものお金をインターネットビジネスで稼ぎ出すことができたんです。

 

今ではパチスロをすることもなくなって、1人のビジネスマンとして日々の生活を過ごしています。

ストレスだらけの会社も退職して独立しています。さらに、インターネットにさえアクセスできれば仕事ができてしまうので、例えば旅行先のホテルのラウンジでコーヒーを飲みながらパソコンでキーボードをカタカタ叩きながら仕事ができてしまいます。

あの頃、インターネットビジネスを「超怪しいじゃん、誰がやるかよこんなのw」と言っていたら今の自分は間違いなく存在しませんでした。

 

パチスロ依存症を1秒でも早く克服したいと考えているのであれば、僕はインターネットビジネスに本気で打ち込むことをオススメします。

インターネットビジネスであれば、初期費用も1万円以下で収まりますし、何よりもレバレッジが超効きます。例えば、あなたが1時間で書いた記事が資産になり、あなたが遊び呆けていても勝手にお金を稼いでくれる訳です。

僕の無料メルマガでは、パチスロ中毒者の僕が月100万円以上を稼げるようになるまでの過程をストーリーベースで載せてます。もし興味がある方は以下のリンクから登録してみて下さいね。

↓ ↓ ↓

無料メルマガの登録はこちら

それでは!!

おすすめの記事